落石や道路崩壊に関する事故

 道路より上の斜面からの落石が車両に当たったり、道路より下の斜面が崩壊して車両が転落したり、道下に被害を与えた事故などについて説明しています。
 車両が落石の直撃を受けた事故では管理瑕疵を問われた案件が多い一方、道下被害では因果関係の有無で瑕疵の有無が判断されています。

落石や道路崩壊に関する事故の概況

説明‥の写真

落石防護網(東京都奥多摩町)

写真出典〕当サイト撮影(R1.5)

説明‥の写真

法枠ブロック(山梨県小菅村)

写真出典〕当サイト撮影(H28.11)

 道路より上の斜面からの落石が車両に当たったり、道路より下の斜面が崩壊して車両が転落したり、道路が崩壊して道下に被害を与えたなどの事故です。

 管理瑕疵を問われたか否かを別として、資料に掲載されている裁判例から事故が起きた状況をみると、次のような傾向が見られます 1) 2)

○ 車両を落石が直撃した事故

 車両を落石が直撃した事故は14件の裁判例が掲載されていて、その全てで道路の管理瑕疵が問われています。 既に崩れかけているところに侵入したなど、それぞれの案件の状況を踏まえて4割の案件で過失相殺が行われています。

○ 車両が落ちていた落石に衝突した事故

 車両が落ちていた落石に衝突した事故は、4件の裁判例が掲載されています。 掲載されている4件では管理瑕疵が問われていて、前方不注視などにより3〜6割の過失相殺が行われています。

○ 通行中に道路が崩壊した事故

 車両の通行中に道路が崩壊した事故は4件の裁判例が掲載されています。 予想を超えた集中豪雨による崩壊では管理瑕疵を問われず、その他の3件は管理瑕疵を問われています。 過積載により過失相殺が行われている事例があります。

○ 道路が崩壊した箇所に車両が進入した事故

 道路が崩壊した箇所に車両が進入した事故は、5件の裁判例が掲載されています。 運転ミスによる事故では管理瑕疵を問われず、その他の4件では管理瑕疵を問われていて、4〜5割の過失相殺が行われています。

○ 道路が崩壊して道下に損害を与えた事故

 道路が崩壊して道下に損害を与えた事故は10件の裁判例が掲載されています。 主に因果関係で管理瑕疵の有無が判断され、4件は管理瑕疵を問われず、6件は管理瑕疵を問われています。

落石や道路崩壊に関する事故の事例

 落石や土石流、地滑りなどに直撃された事故では、その発生が事前に予見できるのに道路管理者が適切な措置をしていなかったときに、管理瑕疵が問われています。

 予想を超える異常気象が原因だったとして、管理瑕疵を問われていない事例や広島県道191号道路護岸崩壊事件、賠償額から9割の減額が行われている案件があります神奈川国道138号土石流自動車転落事件

広島県道191号道路護岸崩壊事件 (広島地判平成5年2月24日)

○ 事故の概要
 集中豪雨により避難命令が発せられたため消防団員が2名を乗せて避難先へ走行中、川の護岸が崩壊して道路が陥没し、自動車が川へ転落して3名が死亡した。

○ 判決の要旨
 予測を超えた集中豪雨が護岸を崩壊させたものと認定する外ない。
 護岸の崩壊は予測できなかったし、護岸の崩壊から事故まではわずかな時間で通行止め等の措置をとることも不可能であった。
 (同乗者の相続人が、道路管理者と運転者の相続人、損保会社を訴えた裁判で、運転者の相続人等も無責。) 1)

 1) 道路管理瑕疵研究会編集、道路管理瑕疵判例ハンドブック、ぎょうせい、2003年、P.175
 参考) 県北西部豪雨災害(速報版)広島県 昭和63年7月豪雨

神奈川国道138号土石流自動車転落事件 (横浜地判平成15年4月17日)

○ 事故の概要
 集中豪雨の中、国道138号を走行していた乗用車が橋梁上で土石流の直撃を受けて約30m下の川に転落し、運転者が死亡した。

○ 判決の要旨
 本件沢付近で土石流が発生し本件橋梁上を通過することを予見することは不可能であったので、防護施設を設置していなかったことをもって道路管理上の瑕疵があったとはいえない。
 正時における時間雨量により通行規制の判断をしていたが、10分間雨量をもとに時間雨量を計算し通行規制を実施しなかったことは、道路管理上の瑕疵というべきである。
 本件事故は観測史上例を見ない異常な降雨によるところも大きく、その分について被告に責任を負わせるのは相当ではないから、賠償額から9割を減額する 1) 2)

 1) 横浜地判平成15年4月17日裁判所裁判例情報
 2) 訴訟事例紹介 神奈川国道138号土石流自動車転落事件道路行政セミナー 2003.6