路肩部分で起こった事故

 路肩は、車両の通行の用に供されるものではなく、多くの場合、安全に走行することができない構造になっています。
 そのため、路肩走行で事故が起こったときは、車線を走行していたときとは違う判断で、管理瑕疵の有無や過失相殺が考えられます。

路肩部分で起こった事故の概要

説明‥の写真

崩壊した路肩

写真出典〕当サイト撮影(H30.8)

 路肩は、車両の通行の用に供されるものではなく、車両制限令で自動車のはみ出しが禁止されています。 路肩は、舗装が薄いなど簡易な構造になっていたり、構造物が設けられていたり、オーバーレイ舗装で急な横断勾配になっていたり、除雪された雪が積み上げられたりと、歩行者が通常の注意を払って歩行するには問題がなくても、車両が車線を通るときのように安全に走行することはできない構造になっています。

 そのため、路肩走行で事故が起こったときに、道路管理者の立場では、道路の通常の用法に則しないとして管理瑕疵がないと判断する場合も多いと思います。 裁判となった場合には、「事故当時の状況下において、路肩にはみ出して通行する車両のあることが、道路管理者の予測の範囲を超えるものであったか否かを審理すべきである(最高判平成9年3月28日)」とされています。 その結果、道路管理者の主張を認めて瑕疵がないとした判例がある一方、「路側帯の通行が禁止されているからといって、すべての車両運転者がその法規を遵守し路側帯を通行するようなことはないとはいえない(大阪高判昭和63年11月30日)」「道路や交通の状況によっては、車両が路肩を通行しなければならない場合がある(福岡高判昭和59年8月30日)」として、路肩を走行したことで大幅な過失相殺をしたものの、道路管理者の瑕疵を認めた判例もあります大阪国道163号雑草繁茂単車転倒事件

 管理瑕疵を問われたか否かを別として、資料に掲載されている裁判例から事故が起きた状況をみると、次のような傾向が見られます 1) 2)

○ 泥土等の堆積物による事故

 路肩の泥土で二輪車が転倒した事故の裁判例が2件掲載されていますが、双方とも道路の管理瑕疵は問われていません。

○ 路肩の穴ぼこや段差による事故

 路肩の穴ぼこや段差による事故の裁判例は11件が掲載されています。 そのうち5件の裁判例では、車線幅が十分にあったとか、路側帯内をやむを得ず通行せざるを得なかったとは認められないという理由で管理瑕疵は認められていません。 その一方で、6件の裁判例ではすれ違い時に路肩部分を走行することは予想できたなどの理由で管理瑕疵があるとされ、路肩走行などの理由で5割から8割5分の過失相殺がされています。

○ 路肩崩壊による転落事故

 路肩に乗り入れた結果、路肩が崩壊し車両が転落した事故の裁判例は20件が掲載されています。 そのうち8件の裁判例では、路肩に進入することは予定されていないとか、路肩に入らずに離合が可能だったという理由で、管理瑕疵は認められていません。 その一方で、12件の裁判例では、管理瑕疵があるとされ、その半分の裁判例で7割以上の過失相殺がされています。

路肩とは

路肩の構造の図

図 路肩の構造

図表出典〕国土交通量HP

 歩道等がない道路の路肩

 歩道等がない道路では、車道の外側が路肩になります。 ただし、中央帯や停車帯が設けられているときは、路肩が設けられていないことがあります。

 道路交通法では、この部分を「路側帯」と呼び、歩行者の通行の用などに供し、車両の通行は禁止されています。

 車道と歩道等の間の路肩
狭路肩の写真

いわゆる狭路肩

図表出典〕国土交通量HP

 歩道等がある道路では、歩道等と、車道や停車帯、自転車通行帯などとの間が路肩になります。 狭い路肩が設けられていたり、設けられていない場合もあります。

 路肩と車線の間にひかれている白線は車道外側線(103)になります道路標識、区画線及び道路標示に関する命令 別表第四

道路構造令 (昭和36年7月17日政令第265号)

(用語の定義)
第二条 この政令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
十二 路肩 道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道又は自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分をいう。

(路肩)
第八条 道路には、車道に接続して、路肩を設けるものとする。ただし、中央帯又は停車帯を設ける場合においては、この限りでない。
7 歩道、自転車道又は自転車歩行者道を設ける道路にあつては、道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために支障がない場合においては、車道に接続する路肩を設けず、又はその幅員を縮小することができる。

車両制限令 (昭和36年7月17日政令第265号)

(路肩通行の制限)
第九条  歩道、自転車道又は自転車歩行者道のいずれをも有しない道路を通行する自動車は、その車輪が路肩(路肩が明らかでない道路にあつては、路端から車道寄りの〇・五メートル(トンネル、橋又は高架の道路にあつては、〇・二五メートル)の幅の道路の部分)にはみ出してはならない。

路側帯の図

図 路側帯

図表出典〕兵庫県警HP

道路交通法 (昭和35年法律第105号)

(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
三の四 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。

(通行区分)
第十七条 車両は、歩道又は路側帯と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。(以下略)