排水施設や側溝蓋等に関する事故

 道路冠水による車両の水没事故や、路面排水や側溝の排水ができなかったために沿道に被害を与えた事故、無蓋側溝や用悪水路に落ちた事故、有蓋側溝と無蓋側溝の境目での事故、蓋の隙間や破損による事故などについて説明しています。

排水施設の不備による事故

排水施設の不備による事故の概要

 排水施設の不備による事故とは、道路冠水による車両の水没事故や、路面排水や側溝の排水ができなかったために沿道に被害を与えた事故です。

 管理瑕疵を問われたか否かを別として、資料に掲載されている裁判例から事故が起きた状況をみると、次のような傾向が見られます 1) 2)

○ 道路冠水により車両が水没した事故

 道路冠水による車両の水没事故は7件の裁判例が掲載されていて、そのうち2件では局地的な豪雨のなかの事故であるなどの理由で管理瑕疵がないとされています。 管理瑕疵を問われた案件では7〜8割の過失相殺が行われています。

○ 路面排水や側溝排水が不適切で沿道に被害を与えた事故

 路面排水や側溝排水が不適切で沿道に被害を与えた事故は12件の裁判例が掲載されていて、そのうち8件では、因果関係がないなどの理由で管理瑕疵がないとされています。

道路冠水により車両が水没した事故

 道路冠水による事故では、道路が冠水について「予見可能性」があったか、通行止めをするなどの「回避可能性」があったかで管理瑕疵の有無が判断をされ、被害者については、注意を欠いて冠水箇所に入ったことなどで大幅な過失相殺が認定される場合が多いようです市道自動車水没事故加須市道自動車冠水事件

市道自動車水没事件 (千葉地判平成25年4月17日)

○ 事故の概要
 自動車が市道を走行中に降雨による冠水箇所で水没して故障した。

○ 判決の要旨
 自動車の運転者が十分な注意を尽くせば事故を回避することができた。
 台風の影響により市内各地で局地的に大量の降雨が生じていた状況下で、他の被害案件に優先して本件道路における事故防止措置を執るべき義務があったとはいい難い 1)

 1) 訴訟事例紹介 台風による大雨で、道路が冠水し、車両が水没した事故について、道路の管理瑕疵が争われた事例道路行政セミナー 2014.9

加須市道自動車冠水事件 (東京高判平成13年5月31日)

○ 事故の概要
 東北自動車道の下を横断するカルバートボックスに通じる東北自動車道の側道に進入したところ、集中豪雨により発生していた最大2mの冠水で車両が水没した。

○ 判決の要旨
 側道が冠水していたという一事から、直ちに本件側道に瑕疵があったと言うのは相当ではない。
 側道に設置されていた標識が注意を呼びかけるもので進入を禁ずるものではなかったことや、道路公団からボックスの水位異常を知らせるファックスを受信していたことなどから、道路管理者は進入防止措置を講じるべきであった。 これがなされてなかった側道には瑕疵があった。
 運転者は注意を怠って本件側道に進入し、進入後も停止や後退が不可能になるほどのスピードで走行し水没したのであるから、7割の過失相殺を行う 1)

 1) 加須市道自動車冠水事件道路行政セミナー 2002.5

路面排水や側溝排水が不適切で沿道に被害を与えた事故

 路面排水や側溝排水が不適切で沿道に被害を与えた事故については、様々な因果関係で道路管理者が訴えられていて、裁判でその因果関係の有無が判断されています。

 道路の管理瑕疵を問われた裁判例は4件あり、道路の嵩上げをしたために民地が浸水するようになったもの(岡山地判昭和63年2月26日他2件)や、排水の流末を民有地に設けていたもの(大分地判昭和40年4月20日)でした。

新潟国道49号道路排水溝溢水事件 (新潟地判平成8年10月24日)

○ 事故の概要
 一時的な大雨により側道脇の民地が水没し貸倉庫が浸水被害を受けた。

○ 判決の要旨
 側溝は当日の集中的な豪雨による排水を十分に処理しうる施設として設置されていた。 1ヶ月前の道路巡回の際に溢水の原因となるようなゴミの堆積は発見されておらず、1ヶ月の間にゴミが堆積し排水機能に障害が生じたことは予見しがたいものであり、管理の瑕疵は認められない 1)

 1) 道路管理瑕疵研究会編集、道路管理瑕疵判例ハンドブック、ぎょうせい、2003年、P.192

側溝等の蓋不全に関する事故

側溝等の蓋不全に関する事故の概要

 無蓋側溝や用悪水路に落ちた事故のほか、有蓋側溝と無蓋側溝の境目での事故、蓋の隙間や破損による事故、マンホールの蓋の段差による事故などです。

 管理瑕疵を問われたか否かを別として、資料に掲載されている裁判例から事故が起きた状況をみると、次のような傾向が見られます 1) 2)

○ 無蓋側溝や無蓋の用悪水路への転落事故

 無蓋の側溝や用水路、悪水路に歩行者や自転車などが転落した事故の裁判例は21件が掲載されています。 そのうち、大人が落ちた事故が6割で、その6割では通常の利用によれば転落しない等の理由で管理瑕疵を問われていません。 子どもが落ちた事故が4割あり、概ねが側溝などで遊んでいたときの事故で、その半数は通常予測できない行動によるものとして管理瑕疵を問われていませんが、管理瑕疵を問われているものもあります。 なお、転落防止柵などが無いために用水路等に転落した事故は、「ガードレールの不全に関する事故」に掲載しています。

○ 有蓋側溝が無蓋になる地点などでの転落事故

 有蓋側溝が無蓋側溝になる地点で歩行者や自転車などが転落した事故の裁判例は8件が掲載されていて、そのうち2件では転落防止施設は十分であったなどの理由で管理瑕疵がないとされています。 管理瑕疵が問われた6件の中には、照明や転落防止施設がなく、有蓋側溝が無蓋に変わることが解りにくかった地点での事故などがあります。

○ 側溝蓋の破損や隙間による事故

 次のような箇所で歩行者や自転車が転倒したり、車両が損傷するなどした事故の裁判例は20件が掲載されています。

  • 蓋が外れていた
  • 蓋が壊れていた
  • 車両が乗ったときに蓋が跳ね上がった
  • 蓋に隙間があった
  • 蓋に段差があった

 これらの事故では、直前に蓋が外されていたとして回避可能性から管理瑕疵が問われなかった事例が2割ありますが、8割の事故で管理瑕疵を問われています。

無蓋の側溝等に関する事故

 無蓋の側溝や用悪水路は相当数設置されているもので、無蓋の側溝に落ちたというだけで管理瑕疵を問われるものではありません橋本市道無蓋側溝歩道歩行者転落事件

 無蓋の側溝などが設置されていた状況によっては、例えば度々溢水して路面との識別が困難な箇所(奈良地判昭和57年3月26日)や、有蓋側溝が柵や照明もなく識別が困難な状況で無蓋側溝に変わる箇所(東京高判昭和55年3月19日)などの事故で、過失相殺のもと管理瑕疵を認めた判例があります。

 対策を講じる場合、無蓋として設置された側溝は、一般に強度が不足していて蓋をかけることができないため、注意喚起の標識を設置するとか、前面にポールを設置するとか、蓋かけに代わる対策を考える必要があります。

橋本市道無蓋側溝歩道歩行者転落事件 (和歌山地判平成15年11月27日)

○ 事故の概要
 道路に沿った無蓋の側溝(水路)の上の、民有地の出入りのために置かれた鉄板から、ヘッドライトに幻惑された歩行者が側溝に転落し、負傷した。

○ 判決の要旨
 市内の路面排水及び農業用水路として設けられた側溝は原則として開渠になっており、被害者は本件現場付近に開渠の側溝があることを知っていた。
 本件現場は、歩行者が通常期待される注意をして正常に歩行している限り、道路から側溝に転落する危険性が少なく、設置又は管理に瑕疵があったということはできない 1)

 1) 訴訟事例紹介 転落防止の措置が講じられていない側溝のある道路の設置又は管理の瑕疵が争われた事例 −橋本市道無蓋側溝歩道歩行者転落事件−道路行政セミナー 2006.7

大分県道側溝転落火傷事件 (大分地判昭和47年7月26日)

○ 事故の概要
 自転車で通行中の小学生が、沿道民家から摂氏80度の温泉の熱湯が流入していた無蓋側溝に転落して火傷を負った。

○ 判決の要旨
 熱湯が流れていたことは危険であり、蓋をするか、温泉源所有者にパイプを付設することを許して、事故発生を防止すべき義務があり、これがなされなかった道路の管理には瑕疵があった 1)
 (この判決を受け、県は温泉源所有者に求償した)

 1) 道路管理瑕疵研究会編集、道路管理瑕疵判例ハンドブック、ぎょうせい、2003年、P.287

側溝蓋の隙間や破損等に関する事故

 側溝蓋に隙間があったり、蓋が外れていたり、蓋が壊れていたための事故は、直前に壊れたというような「回避可能性」のないものを除き、過失相殺のもと管理瑕疵を認めている判例が多いようです。 車両が蓋に乗ったときに蓋がはねた事故でも、管理瑕疵を認めている判例があります(岐阜地大垣支昭和54年10月31日、鹿児島地判昭和51年1月30日)

 その一方で、路肩に既製品のスリット側溝を設置していたところ、一般の自転車より車輪の幅が狭いロードバイクが転倒した事故では、路肩走行やロードバイクの特殊性を踏まえた運転が求められるとして、管理瑕疵が否定されています市道既製側溝ロードバイク転倒事故

市道既製側溝ロードバイク転倒事故 (広島高岡山支判平成31年4月12日、岡山地判平成30年4月24日)
スリット側溝の形状の例

スリット側溝の形状の例

図表出典〕製造会社HP

○ 事故の概要
 市道をロードバイク型の自転車で走行中、路肩に設けられていた側溝上部の幅2pの直線状の排水用のスリットに車輪を挟まれて転倒し、負傷した。

○ 一審判決の要旨
 本件隙間を有する本件路肩部分は、通常有すべき安全性を欠いている。 原告にも過失があり過失相殺として3割を減額する 1)

○ 控訴審判決の要旨
 路肩を走行する場合、自転車の運転者には、当該路肩の状況・状態に注意して転倒等の事故を回避することが期待されていた。 本件自転車のように、タイヤの幅が広く普及している自転車よりも狭いのであれば、この点をも考慮に入れた操作等が求められる。
 通常は、自転車の運転者が適切な運転操作を行うことによりそうした事故を回避することができるので、設置又は管理に瑕疵があったとみることはできない 2)

 1) 自転車(ロードバイク)転倒事故について、タイヤがはまり込む隙間を有する路 肩部分の構造に問題があるとして道路の設置・管理の瑕疵が争われた事例(岡山地判平成30年4月24日、道路行政セミナー 2018.6
 2)  〃 (広島高岡山支判平成31年4月12日、 〃 2019.6)