都道205号水根本宿線

檜原村福祉モノレール

(東京都奥多摩町、檜原村)

 都道205号水根本宿線に併行して、福祉モノレール猿江線が通っています。 福祉モノレールは檜原村が尾根道沿いの自動車が入れる道路がない家の交通を確保するために整備したものです。

〔目次〕

説明‥の写真

猿江分岐付近の檜原村福祉モノレールとの交差

写真出典〕当サイト撮影(H30.8)

単軌条運搬機(モノレール)

 単軌条運搬機(モノレール)は、みかんなどの運搬のために昭和41年(1966)から販売され、和歌山県の急傾斜園地では1970年〜80年ごろにかけて集中的に整備されました。

 昭和60年代前半までには乗用型のモノレールが開発され、林業現場への通勤や木材運搬、山間地や急傾斜地の工事現場への通勤や資材搬入にも使われています。

 モノレールは先頭にエンジンを搭載している「動力車」とその後部に「乗用台車」や「荷物台車」を連結して使用します 1)

檜原村独自の交通施策

説明‥の写真

デマンドバス旧藤倉小跡バス停

写真出典〕当サイト撮影(H30.8)

 檜原村では自動車が通れる道路が整備されるまでは、現在はハイキングコースになっている浅間尾根を中心とする尾根道がメインストリートでした。 道路の整備により尾根道沿いに住んでいた多くの住民は道路沿いに移転しましたが、移転せずに車が入れない尾根沿いに住み続けている住民もある程度います。

 檜原村では、路線バスが運行している都道までは距離のある谷筋に張り付いている集落を対象に、3路線のデマンドバスが運行されています。 デマンドバスの平成25年度の事業経費は約1,400万円で運賃収入は約60万円でした。

 都道205号水根本宿線では、藤倉バス停から自動車が入れる旧藤倉小前まで、デマンドバスが運行されています。

 尾根道沿いの住居には自動車の入れる道路がないため、自宅までの道幅1m程度の道を整備する費用を村が補助し、動力付きの手押し車で生活物資を自宅まで運んでいました 2)

檜原村福祉モノレール

 檜原村では、自動車が入れる道路がない家の交通を確保するため、平成15〜16年度(2003〜2004)に5路線の福祉モノレールを整備しました。

 整備費は約9千万円で、乗車毎に協力金を100〜300円徴収して燃料費などにあてています。

 福祉モノレールは動力車+3名が乗れる乗用台車+荷物台車の編成で、アクセルとブレーキのレバー操作で運転します。 時速2〜3kmで走行しているため、健康であれば歩いた方が早く着きます 1) 2)

福祉モノレール猿江線

 都道205号水根本宿線の檜原村側の車道終端から猿江集落への道の分岐点まで、福祉モノレール猿江線が併行しています。 猿江線は、藤倉小学校跡から猿江集落までの延長2,416mで、日常的に福祉モノレールを利用している住民は、7人だそうです 3)

説明‥の写真

藤倉小学校跡付近のモノレール乗り場

写真出典〕当サイト撮影(H30.8)

説明‥の写真

猿江分岐付近の檜原村福祉モノレールとの交差

写真出典〕当サイト撮影(H30.8)

重要文化財小林家住宅とモノレール

 檜原村が、18世紀前半に陣馬尾根の東斜面に立てられ、現在は重要文化財になっている小林家住宅を公開しています。 小林家住宅は、尾根筋を歩いて交通していた時代に尾根道が交わる交通の要所に建てられた山岳民家です 4)

 5路線の福祉モノレールは対象住民か対象住民に用がある人しか使えませんが、重要文化財小林家住宅へは、8人乗りのより大型のモノレールが設置されていて、予約をして乗ることができます。

 また、徳島県三好市の奥祖谷観光周遊モノレールや、奈良県天川村の洞川財産区モノレールなどは、観光用で一般の人も乗車できます 1)

説明‥の写真

小林家住宅

写真出典〕檜原村HP